前へ
次へ

海鮮バーベキューには干魚を使うと焼きやすい

海に囲まれた島国の日本では昔から魚が食べられてきましたし、魚は強火の遠火で焼くという言葉も伝えられているほどです。
炭火で魚を焼くことにもなれている日本人ですから、バーベキューでも魚を上手に焼いて食べたいと考えます。
海の近くでは海鮮バーベキューをメインにする機会もあるので、コツを押さえて美味しく魚や貝も焼き上げることです。
新鮮な魚を炭火で上手に焼くためには、バーベキューグリルを使うのがポイントであり、食材と炭との間隔と高さ調整をすることができます。
生魚を初心者が選ぶのは若干ハードルが高いので、初めてなら選ぶべきは干物です。
上級者のレベルであっても、身が崩れやすい生魚は焼くのは簡単ではありません。
貝や魚だけではなく、他にもいろいろな具材を焼いて食べるシーンなので、食材も簡単に焼ける種類を選ぶことです。
炭火と干物の持つ濃厚なにじみ出る旨味は、相性も抜群ですし、風情たっぷりの七輪を使うのも悪くはありません。

Page Top